生命科学研究者向け校正、原稿準備

大小の重要な発見が、研究室や現場でお客様を待っています。研究用の時間をより多く作り、成果を見いだしましょう。

私たちが、論文発表までのプロセスを容易にします。

開始

2004年以降、生命科学分野の190,000部以上の論文において、お客様のような著者のサポートを行って参りました。

AJEエディターのご紹介

AJEエディターは、全員、英語を母国語とした、米国国内で教育を受けた研究者です。お客様が直面する課題を把握しており、解決策をご提供するお手伝いをするためにおります。こちらのビデオをご覧になり、エディターの一人の生の声をお聞きください。エディターについてのご理解を深めていただけるかと思います。

博士号を取得したエディターは、生命科学関連の全科目に特化し、経験や専門知識を有しております。

農業科学

農業経済・政策学
農業工学
アグロエコロジー
作物学
動物科学
農業および海洋養殖
食品科学および技術
林学
園芸学

生化学

解析生化学
応用生化学
生化学研究法
生物物理学
一般生化学
構造生物学

細胞生物学

組織細胞工学
細胞伝達および細胞内信号伝達
細胞周期および細胞増殖
細胞移動および細胞接着
細胞寿命および細胞死
細胞代謝
一般細胞生物学および生理学
免疫学
マトリックス生物学
幹細胞・発生細胞生物学

環境生態学

アグロエコロジー
行動生態学
生物地理学
保全生態学
生態系モデル
環境工学
環境政策学
林学
海洋・淡水生態系
集団生物学
再生可能資源
地上生態学
野生動物学

進化発生学

発生生物学
進化生物学
進化発生学
幹細胞・発生細胞生物学

学際生物学

数理・理論生物学
生命情報科学
医用生体工学
生物物理学
バイオポリマー
生物統計学
バイオテクノロジー/バイオエンジニアリング
がん生物学
ケミカルバイオロジー
計算生物学
システム生物学

微生物学

応用微生物学および工業微生物学
細菌学
一般微生物学
菌類学
寄生生物学
ウイルス学

分子生物学・遺伝学

細胞伝達および細胞内信号伝達
後成学およびゲノム科学
進化遺伝学
遺伝医学
分子生物学
分子疫学
分子遺伝学
集団遺伝学

神経科学

細胞・分子神経科学
認知神経科学
計算論的神経科学
発達神経科学
病理神経科学

薬理・毒性学

臨床薬理学
薬物体内配達学
創薬、薬品設計および薬品開発
薬力学
薬動態学
毒物学
ワクチン開発

動物学および植物生物学

動物行動学
動物生理学
植物学
昆虫学
海洋・淡水生物学
植物分子生物学および遺伝学
植物生理学および植物形態学
分類学
野生動物学

獣医学

内科学
大動物医学
小動物医学
外科学
獣医疫学
人畜共通伝染病学

お客様の論文を担当するエディターが、お客様の研究について、明確に理解していると信頼し、AJEへ論文をご提出ください。

 Robert Donovan, PhD

Robert Donovan, PhD

コロラド大学ボルダー校
比較生態生理学

 Carolyn Bentley, PhD

Carolyn Bentley, PhD

デューク大学
生物科学

 Ginger Miley, PhD

Ginger Miley, PhD

ワシントン大学医学部
発生生物学

 Sarah Conte, PhD

Sarah Conte, PhD

テキサス大学オースティン校
細胞分子生物学

生命科学分野の一流学術雑誌、団体からの信頼

Springer Nature
PLOS
Nature Microbiology
Nature Genetics
Scientific Reports
Scientific Data

私たちのサービス

AJEは、徹底したサポートを著者へご提供しております。論文の発表へ向け、次のステップに進みましょう。

ご注文毎、常時、100%のご満足を保証

私たちは、論文発表プロセスを容易にしますので、信頼してくださいと心より言えます。何らかの理由で、弊社のサービスにご満足いただけなかった場合、お客様にご満足いただけるまで無料で修正いたします。または、返金いたします。

お客様の声

お客様のような著者からのAJEへの声をお聞きください。

「2008年以降、原稿の見直しにAJEを利用しており、大変、満足しております。食品科学、生化学、分析化学、分光学、有機化学などの様々な分野の論文の校正にAJEを利用しましたが、言葉に関する批評受けることなく、論文が受理されました。AJEの利用を強くお勧めいたします」
ルイ・コルナド博士 PhD、ブラジル農牧研究公社、ブラジル
「AJEからのサポートを受けて発表した論文の得点を見た後でも、AJEの仕事に対する信頼性やプロ意識から、やはりAJEは最善のオプションだと私のチームに伝えることが出来ます。学術論文誌へ原稿を送ると、小さな修正、または提案という形で結果が返ってきます。そちらの修正、提案は、大抵の場合、各学術誌のフォーマットによるものです。今日、AJEを初めて利用してから10年になりますが、世界の聴衆へ学識を伝えるという挑戦を快くサポートしてくださる仲間を、AJEのサービスの中に見つけました。AJEが顧客へ提供するオプションを興味深いイノベーションで、どのように向上させているのか目にすることは刺激的です。しかし、ここ何年かの間で変わっていないことは、AJEの信頼性であり、それは、保証されています」
ジュアン・ホセ・ネッフ医師、ナショナル・サイエンティフィック・アンド・テクニカル・リサーチ・カウンシル(CONICET)、応用生態学センター、ブエノスアイレス、アルゼンチン

全て読む