学術的な英語のためのAJEの文法チェックツール

英文ドキュメントの品質レポートを瞬時にお届け

研究者として成功するには、研究成果を明確に伝えることが不可欠です。弊社の無料の文法チェックツールをご利用になれば、論文や助成金申請書の品質は安心です。

AJEが開発した英文品質スコアは、研究者向けに特別に設計された自動文法チェックツールによって生成されます。AJEの人工知能は、30万本以上の学術論文の品質スコアをもとに、社内の独自データを用いて学習しました。市場に出回っている研究者向けAIツールの中でも、自社のツールが最高水準の製品であると、弊社は確信しています。

学術論文やテクニカルライティングに特化

弊社の文法チェックツールは、あらゆる研究分野における30万本以上の学術論文のデータをもとに構築されました。

プロの英文校正者によるテストを経た完成度の高さ

各分野で上級学位を持つ英語ネイティブの校正者が、機械学習モデルの訓練とテストのためのデータを作成しました。

高速、無料、有益な情報

レポートは数秒で作成され、お客様のスコアの背景情報や、論文を改善するために必要な情報を提供します。

無料文法チェックを数分で受け取る。

開始

お客様の声

よくある質問

  • 言語評価ツールはどのように構築されましたか

    我们运用尖端的机器学习来开发语言评估工具。使用由人工编辑的学术论文汇集而成的内部专有数据,然后对例如清晰度、可读性、语法、一致性等几个变量进行评分。

    根据英文语言质量的高低,从 1-10 分对超过 30 万篇各领域的学术论文进行评分。然后使用这 30 多万篇学术论文对 AI 模型进行训练。

  • 我的语言质量分数意味着什么?

    AJE 专有的英语语言质量评分工具将您的学术论文与其他数千篇经过编辑和未经编辑的 AJE 论文进行可读性、语法、一致性和清晰度的比对分析。

    通过一项 AJE 编辑服务进行编辑的论文与未经编辑的 AJE 论文相比,平均质量分数在第 96 百分位。 与未经编辑的 AJE 论文数据相比,经过 AJE 的一项编辑服务的论文平均质量分数为第 96 百分位。

  • 言語品質スコアは何を根拠にしていますか?

    スコアは、提出いただいた論文の英文と、データセットに含まれる他の論文の英文とで品質を比較した結果に基づいています。文法、一貫性、明瞭性など、英文の読みやすさに関するあらゆる側面が考慮されたスコアになります。

  • 安全なアカウントを作ることのメリット

    AJEの文法チェックサービスは、お客様の文書の英文品質スコアをわずか数秒で提供し、あらゆる分野の何十万件もの学術文書と比較して、お客様の文書のスコアがどの程度であるかを示すことができます。過去のレポートを保存したり、ライティングの品質に関するさらに包括的なレポートに無料でアクセスするには、無料アカウントを作成してください。

    セキュリティで保護された弊社サイトにログインすると、文書内の言い回しや単語の選択、文法と語法、句読点、一貫性などを分析したデータにアクセスできます。これらの情報を活用すれば、あらゆる問題に対処するための体制が整い、論文出版や資金調達の目標に向けて迅速に前進することができます。

  • AJEについて

    AJEは、英文ジャーナルに研究成果を投稿する世界中の学術研究者を支援することを使命として、2004年に設立されました。弊社の姉妹会社であるResearch Squareは2018年、世界で最も成長率の高いプレプリント・プラットフォームを立ち上げました。論文著者が査読プロセスを始める前の早期の段階で研究を共有し、そのフィードバックを集め、改善できるよう、サポートすることを目的としています。過去17年間にわたり、弊社は上級学位を持つ学者、ソフトウェアエンジニア、カスタマーサポートの専門家、論文出版の専門家を集め、論文著者を第一に考える組織を構築してきました。弊社は、資金調達から論文出版、プロモーション、そしてその間のあらゆる要素に至るまで、学術界の課題を理解しております。弊社は、お客様が時間を節約し、より効果的なコミュニケーションを行い、研究を通じて大きなインパクトを与えるお手伝いをします。

    弊社のチームは、最高水準の品質をもって、これまでに70万件以上の技術文書や学術文書を校正するとともに、世界水準のカスタマーサービスを提供してまいりました。可読性を改善するために長年にわたって蓄積されたデータと専門知識を組み合わせることで、機械学習技術を活用して学術文書の英文品質を迅速に評価することが可能になっています。ジャーナルの編集者や資金提供者に第一印象を与える前に、文章の品質を無料で迅速にチェックするための手段として、ぜひ皆様とこのテクノロジーを共有したいと考えております」