原稿の校正:SCIに掲載されている国際的ジャーナルに投稿するための準備

ジャーナルの投稿規定にしたがって、原稿をフォーマットするお手伝いをいたします。

科学論文の原稿を編集するAJEの英語編集エキスパート

3000以上

AJEを推奨する学術誌や学協会の数

2000以上

AJEがサポートする447の全研究分野での分野固有の研究テーマの数

100万人以上

AJEがサービスを提供してきた192の国と地域の著者の数

研究論文のフォーマット調整

論文の体裁を整えることは、学術研究のプロセスの中でも面倒な作業のひとつです。

The AJE helping researchers through the academic journey

研究成果を明確に伝える

私たちは、学術的な編集を専門としています。文法、句読点、スペル、一貫性などを修正し、インパクトのあるジャーナルに掲載される可能性を高めます。

お客様と同じ専門分野の編集者が校正を担当します

お客様と同じ研究分野で高度な学位と経験を持つ編集者が、一貫性とスタイルを確保します。

将来に向けて、キャリアの可能性を広げるために

私たちのフィードバック、研究論文を執筆するための今後のアドバイス、査読者がどのようにお客様の原稿を見るかを説明するカスタマイズされたレポートを提供します。

ご質問がありましたら、いつでもお申し付けください

国際的なSCIに掲載されているジャーナルに投稿するための原稿を準備するお手伝いをします。私たちは、原稿校正の全プロセスにおいて、卓越したカスタマー・サービスで世界中の研究者をサポートいたします。

 多くのトップジャーナルや学協会が推奨

研究コミュニティでの評判はとても重要です。シュプリンガー・ネイチャーのような世界クラスの出版社が、AJE を信頼して著者に高品質の英文校正やその他の出版支援サービスを提供しています。

the nature logo
the springer logo
the cambridge logo
the elsevier logo

カンタン見積り

単語数を入力して、サービスをお選びください

単語数

最高品質の英文校正サービスを提供します

価格体系は極めてシンプルです。機関や組織単位の導入をご検討される際のお見積もりも迅速に対応いたします。

40,000語を超える原稿については当社のカスタマー・サポートへご連絡ください。別途お見積りいたします。

スタンダード校正

0 営業日以内にお届けします。
サービス概要

正しい文法、言い回し、言葉遣い、句読点の使い方

執筆者の意向、構造、ロジックを維持

文体や文章の流れを最適化

再校正の割引

10%割引

上級学位を持つ英語のネイティブスピーカーによる校正

著者と同じ研究分野での経験を持つ校正者が担当

米国のトップクラスの大学の出身者による校正

専門的なトレーニングを受けた社内スタッフによる校正

最高水準の品質を満たすための集中的なトレーニングを受けた優秀な人材が校正を担当

論文に関するフォローアップ質問に回数制限なく対応

AJE校正証明書の発行

リサーチ・コミュニケーション・パートナーからの個別サポート

100%の満足度を保証

イラスト作成やフォーマット調整サービスの割引

ジャーナル推奨サービスの割引

プレミアム校正

0 営業日以内にお届けします。
サービス概要

正しい文法、言い回し、言葉遣い、句読点の使い方

執筆者の意向、構造、ロジックを維持

文体や文章の流れを最適化

再校正の割引

無料

上級学位を持つ英語のネイティブスピーカーによる校正

著者と同じ研究分野での経験を持つ校正者が担当

米国のトップクラスの大学の出身者による校正

専門的なトレーニングを受けた社内スタッフによる校正

最高水準の品質を満たすための集中的なトレーニングを受けた優秀な人材が校正を担当

論文に関するフォローアップ質問に回数制限なく対応

AJE校正証明書の発行

リサーチ・コミュニケーション・パートナーからの個別サポート

100%の満足度を保証

イラスト作成やフォーマット調整サービスの割引

20%割引

ジャーナル推奨サービスの割引

15%割引

英文校正のサンプル

 編集プロセスのサンプルをダウンロードして、当社の英文校正サービスの特長や利点をご確認ください。

スタンダード校正

サンプルをダウンロードして、スタンダード英文校正サービスにより、原稿がどのように編集されたのかをご確認ください。テキスト全体のマークと余白のコメントに注目してください。このサンプルは、見出し、文法、句読点の編集の実例です。

プレミアム校正

サンプルをダウンロードして、プレミアム英文校正サービスにより、原稿がどのように編集されたのかをご確認ください。テキスト全体のマークと余白のコメントに注目してください。このサンプルは、見出し、文法、句読点の編集の実例です。また、シニア・エディターやリサーチ・コミュニケーション・パートナーからのコメントも掲載されています。

リサーチ・コミュニケーション・パートナーとは

プレミアム英文校正サービスでは、当社のリサーチ・コミュニケーション・パートナーのチームがお客様をサポートします。

AJEのパートナー企業3社

AJEの最も徹底した英文校正サービスを活用するのに役立ちます

リサーチ・コミュニケーション・パートナーは、あらゆる段階でお客様をサポートします。リサーチ・コミュニケーション・パートナーは上級学位を持つカスタマー・サービスの専門家であり、マンツーマンで特別なサポートを提供します。AJEの元編集者として、編集チームがあなたの原稿に加えた変更についての質問に答えたり、例えば経験豊富な編集者チームによる無制限のプレミアム再編集といった、当社のサービスに関する追加の情報を提供することができます。

個別のニーズに対応

リサーチ・コミュニケーション・パートナーは、個別の出版ニーズに対して、当社のどのようなサービスが最適かを理解しているので安心です。

プロセス全体を通してお客様をサポート

私たちの専門家チームは、あなたの質問に答え、論文が出版されるまでサポートします。

「AJEのエディターは非常にプロフェッショナルであり、彼らのサポートに本当に感謝しております。初回の修正原稿を受け取った際、品質の良さに感銘を受け、技術論文を数多く出版している経験豊富な社内の専門家とブラッシュアップされた原稿を共有しました。彼もまた、AJEの仕事内容と英語に非常に感銘を受けていました。この論文は査読者に問題なく受け入れられ、予定通りに出版することが出来ました。素晴らしいサービスをありがとうございます。このよい結果を同僚と共有し、AJEのお勧めをいたします。」

Tsuyoshi Kanuma

Engineering, Sano, Japan

「私の論文を担当した校正者は素晴らしかったです。私は留学生なので、言葉遣いや動詞の使い方、ぎこちない文章についてサポートが必要でした。校正者は私の考えを変えることなく、修正が必要な箇所を指摘し、修正案を提示してくれました。言葉遣いについても学術論文にふさわしい用語を提案してくれました。強くお薦めします。」

Mirit E.

カリフォルニア大学ロサンゼルス校

その他の関連するサービス

75ドルから

よくあるご質問

これまでに当社の編集者が、直接お客様からいただいた英文校正サービスに関する質問の一例です。

AJEの品質保証

当社のサービスは品質保証によって支えられています

100%の満足保証

AJE の英文校正サービスから受け取った完成原稿は、編集保証の対象となります。原稿の編集にご満足いただけない場合、またはジャーナルが英語の誤りに言及している場合、無料で原稿を再編集いたします。

スタンダード英文校正の割引

スタンダード英文校正サービスの場合、編集者が原稿を編集した後に論文に追加された箇所は、この保証の対象外です。このため、当社のサービスを注文する際には、論文の最終原稿をお送りいただくことをお勧めします。ジャーナルの編集者または査読者からコメントを受け取った後で、内容を追加したり大幅な変更を加える必要がある場合は、論文原稿を再提出していただければ、割引価格で英文校正サービスをご利用いただけます。 当社のプレミアム英文校正サービスは、より高度な支援を求めるお客様向けに設計された、より強力な編集サポートを提供します。プレミアム英文校正サービスでは、論文が出版されるまで、論文原稿の再編集サービスを継続して無料でご利用いただけます。

迅速なカスタマー・サービス

比較的稀なケースですが、投稿したジャーナルの編集者が原稿の問題として当社が編集した英語に言及している場合には、速やかにご一報ください。ジャーナルに送信したファイルとジャーナルからのすべてのコメントを添えて、ご連絡ください。カスタマー・サービス・チームが、1営業日(米国時間)以内に返信し、お客様をどのように支援できるか親身にご説明します。

ご納得いただけるまで徹底的にサポートします

当社の編集にご満足いただけない場合は、ご満足いただけるまで対応いたします。その場合、当社のサポート・チャネルのいずれかを介してカスタマー・サポートに連絡し、満足できない点について幾つか具体的な例やその詳細をご提供ください。

AJEの校正者が学術論文の英文校正および学術翻訳サービスの満足度を保証します

研究者のためのお役立ち情報

 論文投稿、修論・博論や助成金の準備に関する記事はAJE Scholar Author Resource Centerをご覧ください。