AJEは、以前よりも多くの方法で、お客様の研究を世に伝えるお手伝いをさせて頂きます

お客様の研究から、素晴らしいポスター、要旨、そして動画を作成するお手伝いをさせて下さい。さらに、論文が発表されるまで、お客様が変更を加えなさった場合にも、私たちは無料で何度でも原稿を編集し、お客様のお手伝いをさせて頂きます。

Get Started Now

AJEは、以前よりも多くの方法で、お客様の研究を世に伝えるお手伝いをさせて頂きます

お客様の研究から、素晴らしいポスター、要旨、そして動画を作成するお手伝いをさせて下さい。さらに、論文が発表されるまで、お客様が変更を加えなさった場合にも、私たちは無料で何度でも原稿を編集し、お客様のお手伝いをさせて頂きます。

私たちのサービス

開始

さらに詳しく

これまでに6,400人の日本人著者がAJEのサービスを利用しています。

AJEでは、研究や出版の経験が豊富な専門家が一丸となって、お客様の研究結果を発表するお手伝いをいたします。

当社のチームをご紹介します

お客様の声

プレミアム校正
AJEには多くの原稿を送っていますが、いつも非常に満足しています。AJEの綿密な訂正や提案にも満足しています。いつも本当にありがとうございます。AJEの品質が高いという評判は本当です。今後、私たちの仕事の英語校正はAJEに任せることになるでしょう。
サイビ・ハキム博士|九州大学
スタンダード校正
私は2007年1月から、論文の作成にAJEを利用しています。論文はそれぞれ、一流のジャーナルに発表されましたが、私のような英語を母語としない研究者にとって、AJEのサービスは大変頼りになります。AJEの利用をぜひお勧めします。
佐藤 健博士|群馬大学

執筆者のリソース

査読者への応答:自分の言いたいことをいつでも言えるわけではありません

  • 査読は非常に重要なプロセスですが苛立たしい場合もあります。
  • 査読者が明らかに誤解している場合、またはあなたの論文を注意深く読んでいない場合であっても、前向きに誠意のこもった姿勢を保って対応することが重要です。

盗用の定義

盗用とは学術的な不正行為のひとつであり、そのため大学や他の研究機関からの解雇、学術誌からの論文却下または撤回、研究者としての信用の低下などにつながる場合があります。

自分の研究に適した学術誌を選択する

  • 不適切な学術誌への論文の投稿は著者が最もよくおかす間違いのひとつです。経験の浅い研究者も経験の豊富な研究者もこの間違いをおかす可能性があります。
  • 学術誌を選ぶ過程で考慮すべき事項は、学術誌の対象範囲、論文のタイプや主題に課される制限、学術誌のインパクトファクターがあります。
  • 対象となる学術誌を発見するうえで、弊社の無料ツールJournalGuideがお役に立つかもしれません。

パートナーシップ