Ben Mudrak, PhD

Global Communications Manager

PhD, Molecular Genetics and Microbiology
Duke University

人気のカテゴリー

論文の書き方

論文修正

ジャーナル選択

ピアレビューと出版

研究過程

出版過程

ホームページ | ピアレビューと出版

論文が却下されました - どうしたらよいでしょうか?

他の言語: English 한국어

記事の概要

  • どんな研究者も学術誌から論文を却下された経験があります。
  • この場合、決定に抗議する、再度投稿する、または新しい雑誌を見つけるなどの方法があります。
  • 研究データは貴重なものであり、どこかで発表されなければなりません。

学術的出版は反復のプロセスです。論文を書き、修正して、数回編集されます。著者は協力者、同僚、査定者から意見を集めます。理想の世界では、この慎重に作成された最終成果物が即座に共有する準備ができています。しかしながら、21%の論文が査定を受けずに却下され、約40%の論文が査定後に却下されます。

論文が却下されました

ノーベル賞受賞者にとってさえ、却下は避けられないものであることから、研究者は却下を回避することではなく、却下された後にどのような選択肢があるかに焦点を絞るべきです。あらゆる著者にとって、雑誌から論文が却下された場合にはいくつかの選択肢があります。前述したように、一部の論文は査定に送られる前に却下されます。このような場合、時間が大切であることを忘れないでください。自分の研究に適した雑誌を見つけて前進しましょう。論文に対する評価を受け取った場合は、その情報は非常に貴重です。雑誌が論文を出版しなくても、論文をいかに改善すべきかについてアイデアが得られます。却下された後の最も一般的な選択肢をここにご紹介します。

1.却下に抗議する

雑誌は編集の決定に抗議するうえでのポリシーを公表しているはずです。却下への抗議は著者としての権利ではありますが、感情的に抗議せず、論理的に抗議してください。筋の通った誤解または間違いにより査定者が却下を推奨した場合は、査定者を馬鹿にしたり、理屈っぽくならずに、編集者に対する自分の主張をまとめましょう。雑誌の対象範囲に対する抗議または自分の研究について認識される影響に対する抗議は受け入れられない可能性があります。

2.同じ雑誌に再度投稿する

雑誌はあなたの最初の論文を却下したかもしれませんが、査定者の懸念事項に対応した後に再度投稿するよう勧めています。その雑誌で出版することに強い関心がある場合は、このオプションが一番かもしれません。一部の雑誌は論文の修正版の受け入れに関心がないと表明する場合があることに注意してください。この決定は尊重し、別の雑誌で挑戦してください。

3.変更を加えて別の雑誌に投稿する

3つめのオプションが最も一般的です。査定者から受け取ったコメントを慎重に考慮して、論文を修正して、別の雑誌に論文を投稿します。カバーレター、参考文献の書式、その他の雑誌特有の詳細などの詳細を再度応募する前に変更するのを忘れないでください。

4.変更を加えずに別の雑誌に投稿する

この選択肢は簡単ですが、あまり良い考えではありません。最初の査定者が提案した変更を認めることを拒否することで、あなたは基本的に最初の査読で費やされたあらゆる労力を無にしています。査読の提案の一部が誤解であったとしても、いくつかの提案によって論文が良くなる可能性があります。新たな査定者は同じ問題の一部を再び指摘してくる可能性があり、あなたは指摘される前にこの問題に対処することができます。また、実質的な話をすれば、新しい雑誌でも論文が一部同じ人によって査定される可能性があります。論文を変更する努力を一切払わなかった場合、彼らの評価も変わらないことは確かです!

5.論文をしまいこんで再投稿しない

論文は再提出に値しないと決めるのは簡単です。論文をしまいこむのは簡単ですが、研究コミュニティにとっては最善策ではありません。あなたのデータはパズルに欠けている1ピースとなる、または無駄な方向の研究を阻止するかのいずれかのかたちで、他の誰かにとって非常に貴重である可能性があります。完全なメディア飽和状態にある今日、信じられないことかもしれませんが、学術出版は出版物が多すぎるのではなく、少なすぎる状態に悩んでいます。

自分の論文が特定の雑誌に「適する」ことを論じたくない場合、生物医学を専門とされている方は、PLOS ONEまたはPeerJを検討してみてください。最後に、figshareDryadなどのサイトにはいつでも研究成果を投稿することができます。ここでは引用が可能で、無料でアクセスできます。

ここに挙げたものは却下された後のオプションのすべてではありませんが、最も一般的なものが含まれています。研究成果を出版できるよう幸運をお祈りします!

タグ ピアレビューと出版 ピアレビュー オープンアクセス PLOS ONE figshare Dryad

最新記事

作者について Ben Mudrak

ご質問ですか?
専門家にご相談