よくある質問

よくある質問

ご注文のながれ

お客様の論文内で校正が必要ではない部分は、単語数に含む必要がありません。校正サービスにおいて、レビューアーのコメント、表内の数字データ、参考文献、またお客様が指定した校正の必要でない部分、などがこれに当たります。
これらを除いたファイル内の全テキストを、Microsoft Word の「文字カウント」機能を使用して単語数の算出を行って下さい。
Emailでお客様のファイルをお送り頂ければ、当社のサポートスタッフがお客様のファイル内の単語数を算出することも可能です。

参照文献や数表は校正の対象ではないため、校正サービスの料金計算する際、単語の合計数には含まれません。当社のプレミアム校正サービス、または出版品質校正サービスでは、すべての参照文献は掲載を目指すジャーナルの規定に合わせてフォーマット調整します。

週末は納期の日数を計算するときに、含んでおりません。もし木曜日に、4日間の納期のサービスを申し込んで頂いた場合、次の水曜日が納期となります。
AJEは、アメリカ合衆国の祝日(年間で8日間、1月2日、5月29日、7月4日、9月4日、11月23日、11月24日、12月25日、12月26日)は営業をお休みさせて頂きますので、それらの祝日をまたいだご注文には遅れがでます。これらの祝日に関しては、AJEアカウントページでその都度お知らせさせて頂きます。

AJEのウェブサイトは、お客様の個人情報とお支払情報保護のために、最高レベルのセキュリティを採用しています。また、お客様の研究を保護するために、スタッフ全員と秘密保持契約を結んでいます。

サービスを適用して欲しくない部分を表示して下さい。お客様のAJEアカウントを通してファイルをアップロードする際に、それらの情報の入力を促す説明がございます。また校正を行っていない部分については、校正証明書の発行はできませんので予めご了承ください。

お支払のオプション

時間はかかりません!American Journal Expertsは、お客様が選ぶサービスや単語数、論文が仕上がるまでの日数に応じて料金を設定しています。AJEのサービスはすべて、お客様の原稿の詳細に基づき、オンラインで料金計算が可能です。しかし、カスタム・フィギュア・デザイン・サービスだけは、プロジェクトそれぞれが独特で専門的なため、見積もりが必要です。

見積もり用に原稿を提出して頂く必要はありませんが、お客様が所属する機関が形式上の見積もりを必要とする場合は、喜んで作成いたしますのでお問い合わせください。

まず、お客様のアカウントでファイルをアップロードする際、発注書を支払い方法として選んでください。論文が受け付けられたら、請求書のコピーを印刷できます。請求書には、お客様の銀行からAJEに電信送金する際に必要な情報が全て記されています。

お客様のカードに、AJEが扱っているビザ、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレスのロゴがあれば、AJEのサイトで利用して頂けます。お客様のカードが利用できない場合は、お問い合わせください。 ご注意点:マスターカードとビザは米ドル、日本円両方でお支払いいただけますが、他のカードタイプは米ドルのみご利用いただけます。

校正

当社のエディターは、米国の一流大学で修士号、博士号、医学博士号を取得、または同プログラムに在籍しています。全員が英語を母国語とし、研究経験があり、厳しい採用基準を満たしています。

AJEは、あなたの原稿がAJEにより校正されたことを確認する証明書をご提供いたします。証明書は、私達が提案した全ての変更が原稿に組み込まれたことを想定して、あなたの論文の英語の質がピアレビューに適していることを保証しています。一回の校正で証明書が発行されない場合は、証明書を取得するよう英語の質を向上させるご協力をさせていただきます。

当社のプレミアム校正サービスは、AJEリサーチ・コミュニケーション・パートナー(RCP)によるサービスが内容に含まれています。RCPは、当社のサービスと論文出版のプロセスに精通した専門家です。原稿中の特定部分の校正プロセスについて、または他のサービスについて、いかなる心配な点や疑問点もRCPがお答えいたします。RCPは、校正プロセス中からお客様の論文がパブリッシュされるまで継続してお手伝いします。

スタンダード校正では、一人の対象分野の専門校正者が校正を担当します。単語のスペル、文法、句読点、単語の使い方の誤りを訂正します。プレミアム校正のような、論文の流れを改善するための校正は行いません。全てのスタンダード校正サービスは、校正証明書が発行可能(しかし保障はできません)です。スタンダード校正サービスには、再校正時の割引サービスを含みます。
プレミアム校正では、単語のスペル、文法、句読点、単語の使い方の誤りを訂正し、更に違和感がある、または自然でない文章の場合は改善致します。混乱させるような一節、不完全な文章などがある場合、お客様にその部分を再執筆をお願いすることがあるかもしれません。また本サービスでは、お客様の論文内で最も危惧する部分を明確にするための説明文書をお付けいたします。この説明文書内で、お客様の論文のどの部分を変更し、その理由は何なのかを説明致します。またプレミアム校正サービスは、サービスを通しての心配な点、疑問点にお客様専属のAJEリサーチ・コミュニケーション・パートナーが対応するサービスが含まれます。プレミアム校正サービスでは徹底したサービスを提供するため、校正証明書の発行を保障致します。さらに、無制限の再校正サービス、引用文献の再フォーマット調整を、論文がパブリッシュされるまで無料で提供いたします。プレミアム校正サービスは、より徹底したサポートを提供しているので、包括的なアシストを望むお客様向けのサービスです。

当校正サービス終了後で論文を投稿する前に、さらなる原稿の変更、または原稿の追加を行うことがあると思われます。また付け加えて、論文投稿後にレビューアーから論文の改訂版を要求されることはよくあります。スタンダード校正サービスをご利用頂いた場合、再校正のサービスは、40ドル割引をさせて頂きます。プレミアム校正サービスをご利用頂いた場合、論文がパブリッシュされるまで無料の再校正サービスを行います。

ジャーナル掲載は主観的なプロセスであるため、当社のサービスを利用すればジャーナルに掲載されるというお約束はできません。ただし、論文が英語関連の理由でジャーナルから拒否された場合には、再校正を無料で行います。

翻訳

従来の翻訳会社のサービスとは異なり、当社はその分野で現役で研究をしている研究者が翻訳します。この方法を取ることにより、翻訳者が翻訳前の言語と英語の両方の専門用語を理解しており、より正確な翻訳が可能になります。また、翻訳者による翻訳の後、経験をつんだアカデミック翻訳アドバイザーによる質の高いレビューを行っております。我々はこの追加のステップがお客様の重要な研究内容の正確な翻訳に必須であると考えております。さらに、当社の翻訳サービスは、ネイティブによる英語の英文校正が含まれており、最終的な原稿は即出版できるレベルに仕上がります。最後に、当社の翻訳サービスは、無制限の再校正サービスが含まれておりますので、もし後に原稿を変更する場合、当社で無料にて再校正を行わせていただきます。

AJEは、あなたの原稿がAJEにより翻訳されたことを確認する証明書をご提供いたします。証明書は、私達が提案した全ての変更が原稿に組み込まれたことを想定して、あなたの論文の英語の質がピアレビューに適していることを保証しています。全ての翻訳された論文は証明書の発行が可能です。翻訳と一回の校正後に証明書を得ることができなかった場合は、論文が証明書を発行できるレベルの英語に向上するまでご協力していきます。

私たちは現在、この種の公的な目的に使用するための公正証明書付の翻訳業務を行っておりません。

原稿のフォーマット調整

フォーマット調整は、文法や言い回しの訂正、単語の選択の誤りなどの英文校正は行いません。その代わりに、原稿が投稿学術誌の規定に沿っているかに焦点を当てます。レイアウト、フォント、セクション間のスペース、テキストの行数、引用文献の表示方法などがそれに当たります。ヘッディングのフォーマット調整、規定にある全ての必要項目が揃っているか、タイトルページ、単語数、図、引用文献の数、図表は正しい配置になっているか、など細心の注意を払い確認します。

プレミアム校正サービスをご購入頂いている場合、「原稿の全体的なフォーマット調整サービス」のご購入を頂いている場合と同様に無料の再フォーマットサービスが含まれております。このサービスは、通常の「フォーマット調整サービス」のみご購入いただいた場合には含まれておりません。

はい、表のフォーマット調整をご希望の場合承ります。当社の図表フォーマット調整サービスは、表のフォーマット調整もお手伝いいたします。

はい、現在はEndNoteを使っています。お客様がEndNoteをご利用であれば、EndNoteを使って、参照文献を目標とするジャーナルの規定に合わせることができます。お客様が他の文献管理ソフトウェアを利用している場合、残念ながら今は、参照文献の動作フィールドのコーディングを維持できません。

いいえ。大変申し訳ございませんが、数式、方程式のフォーマット調整は現段階で承っておりません。

いいえ。現段階で、Bluebook 形式のフォーマット調整は承っておりません。

はい、可能です。texファイル形式でアップロードをしてください。プロセスの中で、LaTeXファイルを編集するのに必要な関連する他のファイル(例、図、.sty、.cls、.bibなど)を参考ファイルとして添付して下さい。また、英語で書かれたLaTeXファイルのみがサービスの対象です。LaTeXファイルでは変更箇所の追跡表示ができないので、PDFファイルにて変更箇所を表示する方法を取らせて頂きます。

図表サービス

現在、当社が扱っているファイルのタイプは:
DOC、DOCX(Microsoft Word)
ODT (OpenOffice Writer)
PPT、PPTX(Microsoft PowerPoint)
ODP(OpenOffice Impress)
XLS、XLSX(Microsoft Excel)
ODT(OpenOffice Calc)
OPJ(Origin)
CDR(CorelDRAW)
AI、AIT(Adobe Illustrator)
PSD、PDD(Adobe Photoshop)
EPS(Various Programs)
このリストにないファイルタイプは、EPSファイルとしてエクスポートする必要があります。論文の著者には、代替のソフトウェアを使って、図表をAJEが推奨するファイルタイプにエクスポートするようお勧めします。

はい。表のフォーマット調整は、図表のフォーマット調整サービスとして、承っております。

出版品質の図を作成するためには、図に含まれている画像もまた、最高解像度のファイルで別個に送って頂かなければいけません。倫理的な理由により、当社は輝度やコントラスト、カラー・バランスを変更することができません。また、画像のトリミングも行いません。

多くのジャーナルは、図をEPSファイルで提出するよう求めていますが、お客様のソフトウェアではこのファイルを開けない場合があります。したがってお客様には、提出用ファイルに加え、新たな図をPDFファイルにしたものもお送りいたします。

新しいファイルタイプで作成された図の場合、適切なソフトウェアを使用しないと変更を加えることができません。ですから、図表のフォーマット調整をご希望の場合は、最終版の図表をお送りください。当社は高い品質をお約束しております。もし図表の仕上がりにご満足いただけない場合は、問題が解決するまで対応します。

当社は、著者の指示に従い(そのような指示があれば)、図表を最終的な出版用にフォーマットします。査読後に追加、あるいは変更された図で、フォーマット調整が必要なものは、新たな注文となりますので、別途支払いが必要となります。

フォーマット調整後のファイルは、編集に適したソフトウェアを使用する必要があります。それ故に、お客様には最終的なバージョンの図をお渡し頂けるようにお願いしております。しかし、もしフォーマット調整後に更なる変更が必要になった場合は、必要な調整をお手伝いさせていただきます。

ポスターの作成

現在、当社が扱っているファイルのタイプは:
DOC、DOCX(Microsoft Word)
ODT (OpenOffice Writer)
PPT、PPTX(Microsoft PowerPoint)
ODP(OpenOffice Impress)
XLS、XLSX(Microsoft Excel)
ODT(OpenOffice Calc)
OPJ(Origin)
CDR(CorelDRAW)
AI、AIT(Adobe Illustrator)
PSD、PDD(Adobe Photoshop)
EPS(Various Programs)
このリストにないファイルタイプは、EPSファイルとしてエクスポートする必要があります。論文の著者には、代替のソフトウェアを使って、図表をAJEが推奨するファイルタイプにエクスポートするようお勧めします。

高解像度のイメージ、グラフィック、ダイアグラム、研究機関のロゴが提供された場合、印刷後も高解像度に示されるはずです。Vectorファイル形式(eps、pdf、xlsなどの)で可能な限りの最高解像度で提供をして頂けるようお願いします。

現段階で、ポスターの印刷サービスは行っておりません。プリンターで印刷可能な、PDF または TIFF ファイルにてお客様にデータをお返し致します。

ビデオ要旨

ビデオ要旨制作チームは、アメリカの有名大学卒業レベルの研究実績を持つ記者、ナレーター、イラストレーター、アニメーターの集団です。
当チームは、幅広い視聴者(同業の研究者、研究分野内外の潜在的な共同研究者、資金提供者、お客様の研究に興味をもつ一般視聴者)にお客様の論文の正確な概要をお伝えすることを目標にしています。

AJE Plus

AJEプラスはPhDの学生、教授、もしくは臨床医の研究発表のニーズに合わせて、弊社に在籍するPhDレベルの専門家たちによって設計されたプログラムです。

当プログラムで受けられる特典

1. これまでのAJEにおけるサービスご利用量に応じた、今後のご利用に対する
さらなる値引き
2. 特別なサービス特典と商品の事前紹介
3. 同僚の方とも共有できる個別の情報資源もしくは相談

 

サービスご利用の有無にかかわらず、AJEのアカウントにサインアップされると自動的にAJEプラスプログラムにも加入されます。

新規ご入会の場合、初めてのご利用で使えるウェルカムクーポンをお送り致します。
 
再加入の場合、過去のサービスご利用回数に応じて自動的に3つのステータスの1つに該当され、
特典が与えられます。
 
0~3回のご利用:ウェルカム・ステータス
4~9回のご利用:プレミア・ステータス
10回以上のご利用:エリート・ステータス

AJEのアカウントにログオンすればお客様のステータスと特典が確認することができます。

新規加入いただいたお客様は、AJEのアカウントにサインアップもしくはログオンしていただき、初めてのサービスご利用の手続きをされている間に最新のAJEプラス特典コーナーにウェルカムクーポンコードを入力してください。

再加入いただいたお客様は、AJEプラスプログラムについてと、お客様の現在のステータス、およびご利用可能な全ての特典と割引をお知らせするEメールをお送りさせていただいております。もしEメールをご確認されていなくても、AJEのアカウントにログオンしていただければ、AJEプラス特典コーナーでステータスと特典についての集計情報をご確認いただけます。
 
割引をご利用いただく際には、AJEプラス特典コーナーに表示されるプロモーションコードをお支払い画面でご入力ください。プロモーションコードは一つにつき一度しかご利用いただけませんのでご注意ください。同僚や共同研究者の方とプロモーションコードを共有された場合でも、ご利用できるのは一度限りとなります。

AJEプラスのページにアクセスいただくと、弊社のPhDレベルの専門家のサポートによる個別相談、無料のeブックや情報資源のダウンロードといった著作に役立つ情報を得ることができます。

サインアップもしくはログインしてステータスを確認し、現在ご利用可能な割引と特典を手に入れましょう。

サービスご利用による特典以外にも、次回以降のご利用で使える特典を得る方法があります。
1. 同僚の方への紹介。紹介いただけばいただくほど、大きな割引が受けられます。
2. 広告への寄稿。AJEご利用経験を他の研究者の方と共有する推薦文を書いてください。
3.  研究所、機関、大学等に対するグループ割引。詳細はお問い合わせください。